JR東日本東京支社は12日、品川駅社員の発案により、品川駅8番線(臨時ホーム)にて「成田エクスプレス」の車両E259系を使用したテレワークスペース「N’EXでテレワーク!」を10月25~29日の期間限定で実施すると発表した。

特急「成田エクスプレス」の車両E259系

「N’EXでテレワーク!」は、特急「成田エクスプレス」で活躍するE259系(6両編成)の車内を臨時シェアオフィスとして提供するもので、座席数が多いために予約が取りやすく、テレワークなどで必要なコンセントやWi-Fi環境なども利用できる。

10月25~29日の5日間とも営業時間は11時30分から16時30分まで。利用料金は15分につき220円。「STATION WORK」ウェブサイトにて、10月18日12時から事前予約を開始する。利用者の中から各日先着40名に、「エキュート品川」と「エキュート品川サウス」で利用できるクーポンがプレゼントされる。

#JR東日本 #駅 #電車


JR東日本「N’EXでテレワーク!」品川駅8番線で10/25から5日間実施

関連記事

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両に活用された伝統産業素材を販売へ

クックパッド、鉄道各社と連携して「きらきらマルシェ」を開催。第1弾はみなとみらい駅に40事業者が集合

JR東海N700S、グッドデザイン賞 – N700Sグリーン車用シートも受賞

日立の台鉄向け特急車両「EMU3000」グッドデザイン・ベスト100受賞

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」グッドデザイン・ベスト100など受賞

福井鉄道200形を現役時代の姿に 越前市がふるさと納税活用のクラウドファンディング