三菱重工グループの三菱造船は10月8日、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)と名門大洋フェリーから2隻を受注して建造中の大型フェリーのうち、2番船の命名・進水式を三菱重工業 下関造船所 江浦工場(山口県下関市)で行った。

この船は今後、艤装工事・試運転などを経て2022年3月に引き渡された後、2002年から運航する「フェリーふくおかII」の代替船として、2022年3月から大阪〜北九州・新門司航路に就航する。

三菱造船が建造し、名門大洋フェリーが運航する同船は、国の運輸政策にもとづき運輸施設などの整備・支援する鉄道・運輸機構と名門大洋フェリーの共有船で、「フェリーふくおか」と名付けられた。

長さ約195m、幅27.8m、深さ20.3m、総トン数約15,400トンと、名門大洋フェリーとしては歴代最大。

675人の旅客定員と、12mトラック約162台、乗用車約140台の積載能力をもつ。

内装デザインは、近代的なウォーターフロントを感じさせる「ベイサイドシティのきらめき」をコンセプトとし、船体の大型化による広々とした公共スペースと開放感のある展望レストラン、展望浴室、展望ラウンジなどを組む。

また、乗用車用積載スペースを旅客甲板に確保。客室の大部屋を廃止してベッド化するなど、空間の有効活用によるサービス向上を実現している。

推進プラントはハイブリッド型アジマス推進加勢方式を採用し、空気潤滑システムと組み合わせることで、大幅な省エネ(大型トラック1台を運ぶのに必要な燃料消費量を既存船から約35%削減)と操船性向上を実現している。

また、省エネによるCO2低減に加え、ハイブリッド型スクラバーを装備することで大気中に放出するSOX(硫黄酸化物)も低減し、地球環境に優しい運航を目指す。

現在、国内において、トラックによる陸上輸送のCO2削減、長距離ドライバー不足・働き方改革の観点から鉄道や船舶を利用したモーダルシフトが進行。

この流れにあわせてフェリーをはじめ、荷台部分に貨物を積載したトラックやトレーラーなどを自走で搭載・揚陸し輸送するRORO船(Roll-on Roll-off ship)などへの需要や、船舶の大型化ニーズも高まっている。

三菱造船は今後も、燃費性能・環境性能に優れ、安定運航に資するフェリーや貨客船を建造していくことで、ビジネスパートナーとともに多様な課題を解決し、海上交通の活性化と環境保全に引き続き貢献していくという。

#フェリー #大阪 #九州 #就航


鉄道・運輸機構&名門大洋フェリーむけ共有大型船が竣工、2022年3月から大阪〜北九州・新門司航路に就航

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】