愛知県豊橋市では、市内のマンホール蓋への広告募集(第2弾)を10月11日から開始しました。

マンホール広告事業として募集をするのは、今回が2回目。前回は今年の5月に募集を開始し、9月には市内3か所のマンホールに広告の掲載を開始しました。

今回の募集で広告を掲載する予定のマンホールは、豊橋駅付近の歩道に設置されています。豊橋駅は隣接する駅も含めて多数の鉄道路線が伸びており、1日の利用者数も約90,000人と、愛知県内においても利用者数の多い駅として知られています。

設置場所 豊橋駅付近の歩道
設置期間 1年間(希望により最大3年まで延長可)※令和4年2月から設置
募集期間 令和3年10月11日(日曜日)から10月29日(金曜日)
料金 プレート制作費用30,000円(デザイン制作を依頼する場合、別途8,000円)、広告掲載料60,000円/年
大きさ 直径500ミリ ステンレス製プレート

詳細は、豊橋市上下水道局ホームページ(https:/www.city.toyohashi.lg.jp/water/)をご覧ください。

【設置例(前回設置されたマンホール広告)】

#マンホール #広告 #歩道


あなたの絵、マンホールに載せてみませんか?

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】