JR東日本は10月10日に首都圏で発生した輸送障害について、蕨交流変電所(埼玉県蕨市)の火災が原因になったと発表した。10月10日12時52分頃、蕨交流変電所でトラブルにより停電が発生し、山手線、京浜東北・根岸線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、埼京線、常磐快速線、常磐線、武蔵野線、京葉線で電車の運転ができなくなる影響が出た。

JR東日本が10月10日に首都圏で発生した輸送障害について説明

10月10日12時52分頃、蕨交流変電所でトラブルにより停電が発生し、山手線、京浜東北・根岸線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、埼京線、常磐快速線、常磐線、武蔵野線、京葉線で電車の運転ができなくなる影響が出たという。

その後、京浜東北線(大宮~赤羽間)、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ラインを除く各路線は14時20分頃までに運転を再開。停電が復旧したことにより、湘南新宿ラインの新宿駅以北の列車を除き、20時9分頃までに順次運転再開した。新宿駅以北で運転を見合わせていた湘南新宿ラインも、10月11日の始発から全区間で運転再開した。一連の輸送障害により、約23万6,000人に影響が出たという。

原因について、JR東日本は10月10日時点で、「自営電力網の基幹変電所である蕨交流変電所において、変電所機器のトラブルによる火災が発生したものと思われる」と発表。一部線区で停電が発生し、周辺線区にも影響が及んだとしている。火災の詳細は警察と消防が調査を進めている。

#JR東日本 #鉄道事故 #重大インシデント #電車


JR東日本、10/10の首都圏輸送障害について – 約23万6,000人に影響

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】