トルコ・イスタンブールで一匹の野良犬が話題になっています。この野良犬は皆にボジと呼ばれ、多くの人に親しまれています。

犬は思っているより賢いのかもしれません。ボジは地下鉄やバス、路面電車からフェリーまで、公共交通機関を完全に乗りこなし、行きたいところに行くことができます。

地下鉄職員のアイリーンさんは、2ヶ月ほど前からボジの存在に気づいたといいます。ボジはどの交通機関がどこへ行くのかよく分かっているようです。

ボジの存在が確認された直後、地下鉄職員はボジを健康診断に連れて行き、マイクロチップの埋め込みを行いました。

マイクロチップのおかげで、ボジが現在どこにいてどのようなルートを乗車したかの履歴が分かります。

マイクロチップの移動履歴によると、ボジは今まで少なくとも29の駅を訪れており、市内を1日に約28km移動していることが分かりました。

ボジは人々に親しまれ、一緒に自撮りしたりと人気者になっています。

ボジの乗車マナーは素晴らしく、電車を降りる乗客が優先であることを知っており、乗客が降車するのを待って、電車に乗り込み、車内では静かにしています。

交通機関ではボジは乗車賃を払わないで良い特別対応をしてもらっています。

ボジの頭の良さも素晴らしいですが、特別対応をしてくれる公共交通機関や街の人たちの温かさも素晴らしいです。

#野良犬 #交通機関 #職員


交通機関を普通に乗りこなして生活する野良犬が大人気に!鉄道職員の対応も温かい!

関連記事

高速列車「瀾滄号」がラオス首都に到着 動態チェックに投入

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に