人気の鉄道ドラマ「 #西村京太郎 サスペンス鉄道捜査官」(テレビ朝日系)の最新回となる第19弾が、8月2日に放送されることが発表された。同シリーズが放送されるのは約3年ぶりとあって期待が高まっているが、ファンには懸念材料もあるという。

「鉄道捜査官は、 #沢口靖子 が演じる花村乃里子を中心とした警視庁鉄道捜査隊のメンバーが事件に挑む様子が描かれています。その中に欠かせないメンバーとして金子昇演じる立花広太郎がいます。立花は鉄道ファンという設定で、鉄道知識が事件解決のきっかけになったこともある。また、女性に目がなく、だまされて犯人に仕立て上げられそうになったことも。そんな立花が、今回は登場しないようなんです」(テレビ誌ライター)

第9作から出演している金子だが、第19作の公式HPを見ると名前が見当たらず、どうやら最新作には出演しないようだ。

「本当に金子の出演はないのか、立花不在だとしたら鉄道捜査隊がどうなるのか。そしてストーリーに影響はないのか、ファンとしては気になってしかたがないでしょう。また、同じく鉄道捜査隊の内海早苗を演じる大塚千弘の名前もない。今回は鉄道捜査隊の事務所のシーンがないのかもしれません。ただ、野川一郎課長の筧利夫、望月春樹役の長谷川朝晴の名前はあるので、人員が減っているだけとも考えられます」(前出・テレビ誌ライター)

鉄道捜査隊はどうなるのか。8月2日の放送で明らかになる。

#捜査 #沢口靖子 #最新作 #定番


沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは