JRグループは20日、今年度のお盆期間(8月6~17日の12日間)における指定席予約状況を発表した。各社ともに予約可能席数を前年比80%程度まで減らしており、発表時点での予約席は前年を超えている路線から80%程度の路線が多い。ただし、予約席の前々年比は20〜30%程度となっている。

JR東海は東海道新幹線に関して、予約可能席数365万席(前年比77%・前々年比80%)に対し、予約席数29万席(前年比96%・前々年比20%)と発表した。なお、JR東海では期間中は多くの列車を設定して十分な指定席を用意するが、自由席は時間帯により混雑する可能性があるため、なるべく事前に指定席を予約して欲しいと呼びかけている。

JR西日本は山陽新幹線に関して、定員201万5,000席に対し、予約席数18万4,200席、北陸新幹線では、定員40万600席に対し、予約席数4万8,800席、北陸方面在来線では、定員11万6,400席に対し、予約席数1万7,300席、関西空港方面在来線では、定員3万席に対し、予約席数1,200席と発表している。JR西日本の新幹線全体では、指定席提供席数244万6,000席(前年比77%・前々年比79%)に対し、予約席数23万3,000席(前年比100%・前々年比21%)とのこと。

JR四国は特急列車と快速列車に関して、提供席数15万6,000席(前年比79.4%・前々年比75%)に対し、予約席数1万4,000席(前年比105.2%・前々年比29.9%)と発表。JR九州は九州新幹線に関して、予約可能席数30.5万席(前年比81.6%・前々年比80.5%)に対し、予約席数3万5,000席(前年比101.7%・前々年比25.8%)と発表した。

JR東日本は新幹線全体の予約可能席数233万席(前年比80%・前々年比79%)に対し、予約席数31万席(前年比144%・前々年比28%)、在来線全体の予約可能席数149万席(前年比85%・前々年比84%)に対し、予約席数8万席(前年比119%・前々年比30%)と発表。主な線区の予約状況は、東北新幹線が15万席(前年比148%・前々年比28%)、秋田新幹線が1万3,000席(前年比104%・前々年比17%)、山形新幹線が1万4,000席(前年比121%・前々年比22%)、上越新幹線が4万3,000席(前年比133%・前々年比28%)。北陸新幹線が8万8,000席(前年比155%・前々年比32%)、総武本線(成田エクスプレスなど)が4,000席(前年比106%・前々年比25%)となっている。

JR北海道は北海道新幹線に関して、予約可能席数22万3,052席(前年比90.7%・前々年比88.9%)に対し、予約席数1万7,872席(前年比127.6%・前々年比28.3%)、北海道内の在来線は、予約可能席数8万7,476席(前年比54%・前々年比51.3%)に対し、予約席数1万2,934席(前年比98.2%・前々年比34.9%)と発表した。

#JR東海 #東海 #JR西日本 #新幹線 #JR九州 #JR四国 #JR東日本 #JR北海道 #電車


JRお盆の指定席予約状況 – 東海道新幹線は前々年比20%、前年比96%

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も