JR東日本は、渋谷駅で山手線内回りの線路切換工事を実施することを受け、10月23日初電から10月24日終電まで、山手線内回り池袋~渋谷~大崎間のすべての列車を運休すると発表した。外回りの列車も本数を減らして運転する。

山手線を走るE235系

渋谷駅では2015年から駅改良工事を進めており、今回は山手線内回りホームを拡幅するため、10月22日終電後から10月25日初電までの約52時間にわたり線路切換工事を行う。悪天候などで線路切換工事が予定通り実施できない場合は11月19~22日に延期する。

これにともない、10月23~24日は山手線内回り池袋~渋谷~大崎間を運休とし、大崎~東京~池袋間は運転本数を大幅に減らして運転する。外回りは運休しないが、大崎~渋谷~池袋間は本数を減らして運転する。内回りは池袋駅で、外回りは一部を大崎駅で、それぞれ折返し運転を行う。

その他、京浜東北・根岸線は快速運転を中止し、2日間とも終日各駅停車で運転。埼京線・りんかい線は新木場~大崎~赤羽間を増発する。相鉄線直通列車は新宿~池袋間を延長して運転。湘南新宿ラインは通常運転を行う。

山手貨物線の線路を使用し、品川~新宿間で臨時列車も運転。臨時列車は品川駅、恵比寿駅、渋谷駅、新宿駅に停車する。東京メトロ、都営地下鉄、りんかい線、西武鉄道、東急電鉄、京急電鉄の各社で振替輸送も実施する。

#駅 #JR東日本 #電車


JR東日本、渋谷駅線路切換工事で10月に山手線内回り一部区間運休に

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ