放送プロデューサーの #デーブ・スペクター 氏が1日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染再拡大が危惧される中、23日開幕の東京五輪期間中は各鉄道会社が深夜運転を実施するという動きに疑問を呈した。

この日、「すみません、日本語が不自由なもので。夜8時以降の飲食店の営業はダメで終電も早められたのに、五輪期間中は鉄道が深夜運転」とつづったデーブ氏。

「どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKになるんでしょう」と厳しく続けていた。

#五輪 #デーブ・スペクター #プロデューサー #ツイッター


デーブ・スペクター氏、五輪期間の鉄道深夜運転に「どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKに」

関連記事

都営新宿線、全車両10両化で起きる珍しい現象とは

まるでマッサージチェア?台湾鉄道の座席が揺れすぎ—中国メディア

昭和を代表する特急・デラックスロマンカー今よみがえる 東武鉄道が「デラックスロマンスカーカラー」スペーシア運行【コラム】

JR東日本、アニメ『俺ガイル』とコラボ – スタンプラリーなど開催

JR東日本など「新幹線オフィス車両」利用者限定のサブスクサービス

近江鉄道「近江十景とれいん」沿線の歴史スポットを浮世絵風に紹介