三菱電機による鉄道車両向け空調機器の検査不正問題で、架空の検査データを算出するためのパソコンのプログラムが作られていたことが分かりました。

この問題は、三菱電機が長崎の工場で製造していた鉄道向けの空調機器などについて30年以上にわたって顧客が指定した方法とは違う条件で検査したり、検査をしないで架空の結果を報告書に記入していたものです。

関係者によりますと、工場で使われていたプログラムは日付や製品情報などを入力すると自動的に合格する値を上回る数値を出す仕組みになっていたほか、不自然に見えないように製品ごとに違った数値を示すよう設計されていたということです。

このプログラムは遅くても1985年から使われていたということで、長年にわたって偽装が組織的に行われていた可能性があります。(01日09:45)

#三菱電機 #架空 #検査不正 #偽装


三菱電機検査不正「架空データ算出プログラム」で組織的偽装か

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。