三菱電機が鉄道に使われる空調機器の検査を不正に行っていた問題で、鉄道各社が確認を急いでいます。

およそ9800台の空調機器を導入しているJR東日本は、「該当商品の安全性は問題ないと報告を受けている。現時点で故障が多発するなどの状況は発生していない」とコメント。

また、すべての車両に導入している小田急電鉄は「調査結果を踏まえて適切に対応する。安全性には問題ないと考えている」としています。(30日14:23)

#三菱電機 #不正 #JR東日本 #車両


三菱電機が検査不正 鉄道各社が確認急ぐ

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。