JR東日本は7月1日、ハイグレードシェアオフィス「STATION DESK 東京 premium」を東京駅八重洲中央口徒歩1分の場所に開業する。

「STATION DESK 東京 premium」外観イメージ
プレミアムシートイメージ
応接室イメージ
東京駅八重洲中央口徒歩1分の場所に位置する

和を基調とした空間に、完全個室2カ所を有する8席のプレミアムシートと、最大4名利用できる応接室2室を用意。利用者全員にウェルカムドリンクを提供するほか、9月30日まで応接室利用者に東日本エリアの人気駅弁を追加料金なしで提供する開業キャンペーンを実施する。

会員制で、個人利用の場合、「STATION WORK」専用サイトからの会員登録が必要。法人利用の場合はJR東日本との法人契約が必要となる。基本料金はプレミアムシートが15分550円、応接室が15分2,200円。2022年3月まで、プレミアムシート15分330円、応接室15分1,320円のキャンペーン特別料を適用する。

#JR東日本 #駅


JR東日本、東京駅八重洲中央口にハイグレードシェアオフィス開業へ

関連記事

「大阪メトロ」中央線の新型車両400系「乗って楽しい」デザインに

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!