近畿日本鉄道と福山通運は28日、近鉄の名阪特急「アーバンライナー」(大阪難波~近鉄名古屋間)を使用した貨客混載事業について、6月28日付で国土交通大臣から同事業に係る物流総合効率化法にもとづく総合効率化計画の認定を受けたと発表した。

アーバンライナーへの積載(イメージ)

両社による事業に関して、近鉄は列車の空スペース(旧車販準備室)を有効利用した運送サービスのため、投資を要さずに新たな収益につなげられる。福山通運は自動車運送業の担い手不足の解消、CO2排出量の削減といった社会的課題を解決するほか、大阪市内~名古屋市内間の当日配送が安価で提供できることになり、利用者の利便性が向上する。翌日以降の配送が主流であった大阪市内~名古屋市内間において、福山通運は7月1日から当日配送サービス「福山グリーン便」を開始する。

大阪市内~名古屋市内間での当日配送サービス「福山グリーン便」では、福山通運が午前中に荷物を集荷して「アーバンライナー」に積み込み、「アーバンライナー」で大阪難波~近鉄名古屋間を輸送。福山通運が「アーバンライナー」から荷物を積み卸し、当日の夕方に配達するという輸送フローで実施される。

輸送フロー図(イメージ)

料金は2kg・60サイズ(幅×奥行き×高さ3辺の長さ合計60センチメートル以内)の場合で1,700円。7月1日からサービスが開始される。

#特急列車 #近鉄 #電車


近鉄「アーバンライナー」で貨客混載事業、福山通運と – 7/1開始へ

関連記事

まるでマッサージチェア?台湾鉄道の座席が揺れすぎ—中国メディア

昭和を代表する特急・デラックスロマンカー今よみがえる 東武鉄道が「デラックスロマンスカーカラー」スペーシア運行【コラム】

JR東日本、アニメ『俺ガイル』とコラボ – スタンプラリーなど開催

JR東日本など「新幹線オフィス車両」利用者限定のサブスクサービス

近江鉄道「近江十景とれいん」沿線の歴史スポットを浮世絵風に紹介

小田急電鉄「駅スタンプラリー」ロマンスカーの図柄の9駅が対象に