山形県とJR東日本は、リゾート新幹線「とれいゆつばさ」を活用した「やまがたワーケーション新幹線」を10月1日に運行すると発表した。

「とれいゆ つばさ」は通常、山形新幹線の福島~新庄間で運行される

「やまがたワーケーション新幹線」は、新たな体験として「新幹線車内でのワーケーション(ワーク+バケーション)」を提案し、需要創出を図る目的で企画された。上野駅・大宮駅から山形県内の山形新幹線各駅までの区間を運行する予定で、旅行商品としての販売を計画しているという。

運行や旅行商品の詳細は7月中に発表される予定。なお、新型コロナウイルス感染症の状況等により、企画を予告なく変更または中止する場合があるとのこと。

#新幹線 #JR東日本 #電車


JR東日本「とれいゆ つばさ」で「やまがたワーケーション新幹線」

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。