第13回 一般の部大賞「特等席」

総合工学機器メーカーのタムロンは、第14回目となる「タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」の開催を決定し、募集を開始した。

「タムロン鉄道風景コンテスト」は、同社が鉄道のまち大宮(さいたま市)に本社を置く企業として、さいたま市、さいたま市教育委員会、さいたま商工会議所の後援を受け、2008年から毎年開催している写真コンテスト。

地域の活性化と鉄道文化、写真文化の振興に貢献することを目的としたもので、鉄道とその周辺を入れ込んだ写真であれば風景、スナップなどを問わず広く応募できる。

撮影機材も一切限定しておらず、「小・中・高校生の部」を設けるなどして門戸を広げている。昨年開催された第13回目は、過去最多となる8,428点の応募があった。

第13回 小・中・高校生の部大賞「雪煙」

募集期間は2021年6月23日〜8月20日。詳細は「第14回 タムロン鉄道風景コンテスト」紹介ページに掲載されている。審査員を務めるのは写真家・広田尚敬氏とフォトライター・矢野直美氏。審査結果は9月下旬にタムロンホームページで発表するほか、10月にはそごう大宮店で写真展を開催する。

鉄道チャンネル編集部
(写真提供:タムロン)

#コンテスト #過去最多 #たま #さいたま市


『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト』募集開始 昨年の応募総数は過去最多の8428点

関連記事

都営新宿線、全車両10両化で起きる珍しい現象とは

まるでマッサージチェア?台湾鉄道の座席が揺れすぎ—中国メディア

昭和を代表する特急・デラックスロマンカー今よみがえる 東武鉄道が「デラックスロマンスカーカラー」スペーシア運行【コラム】

JR東日本、アニメ『俺ガイル』とコラボ – スタンプラリーなど開催

JR東日本など「新幹線オフィス車両」利用者限定のサブスクサービス

近江鉄道「近江十景とれいん」沿線の歴史スポットを浮世絵風に紹介