浙江省の杭州市、紹興市、台州市を結ぶ杭紹台高速鉄道では22日、浙江省温嶺駅のバラストレス化された道床において、最後のレール1組の接続が無事行われた。これにより、中国国内で初となる民営持株高速鉄道の全線がつながり、年末の全線開通と営業開始のためのしっかりとした基礎が打ちたてられた。人民網が伝えた。

杭紹台高速鉄道は国家沿海鉄道の快速旅客輸送ルートの構成部分で、主要路線の全長は266.9キロメートル、設計速度は時速350キロメートル。投資総額は448億9000万元(約7631億3000万円)で、今年年末までに開通と営業開始の条件を整えることを予定している。杭紹台高速鉄道は長江デルタ地区の高速鉄道ネットワークにつながり、浙江省内の杭州市都市エリアと温州市・台州市沿海都市群とをつなぐ快速ルートを形成し、台州と杭州の高速鉄道による「1時間交通圏」を実現し、台州における長江経済ベルトと「一帯一路」(the Belt and Road)国家発展戦略の歩みを加速させる。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

#高速鉄道 #浙江省 #中国 #杭州


中国初となる民営の高速鉄道が全線開通—浙江省台州市

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。