カメラ用の交換レンズでおなじみのタムロンは6月23日、第14回となる「タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」の開催を発表した。2008年から毎年開催している鉄道関連のフォトコンテスト。昨年開催された第13回は、過去最多となる総数8,428点の応募があった。
今年も例年同様、鉄道とその周辺を入れ込んだ写真であれば、風景、スナップ問わず応募可能。撮影地域も自由。カメラメーカー、レンズメーカーなども問わず、スマートフォンで撮影した写真でもOK。撮影時期や期間の指定もないので、過去に撮影した作品でも応募できる。
作品点数は1人10点までで、応募作品はプリントのみ対象。サイズは、キャビネサイズ(2L)〜四ツ切りワイドプリントまで。カラー / モノクロも問わない。ただし単写真であることで、台紙貼り、スライド、パネル貼りのものはNGとなる。応募期間は6月23日〜8月20日まで。郵送は当日消印、宅配便は当日受付日有効。
部門は一般の部と小/中/高校生の部の2部門に分かれており、写真家の広田尚敬氏とフォトライターの矢野直美氏が審査員を務める。入賞者の発表は9月下旬。タムロン公式サイトでの審査結果の発表は10月14日〜10月29日。
なお、そごう大宮店にて入賞作品による写真展も開催。レイル・マガジン2022年1月号では、上位入賞作品を掲載する。各部門の賞品は以下の通り。
○一般の部
大賞(さいたま市長賞) 1名: 300,000円、副賞タムロンレンズ
準大賞 3名: 50,000円、副賞タムロンレンズ
審査員特別賞 3名: 20,000円
入選 15名: 10,000円
佳作 20名: 5,000円
○小・中・高校生の部
大賞(さいたま市教育委員会教育長賞) 1名: 100,000円、 副賞タムロンレンズ
準大賞 3名: 30,000円、副賞タムロンレンズ
審査員特別賞 3名: 10,000円
入選 15名: 5,000円
佳作 20名: 2,000円
○全応募作品より選出
ユーモアフォト賞(さいたま商工会議所会頭賞)1名: 10,000円、副賞タムロンレンズ
車輌写真賞 1名: 50,000円、副賞タムロンレンズ
タムロン賞 1名: 50,000円、副賞タムロンレンズ

#コンテスト #スマホ #カメラ #過去最多


タムロンが恒例の鉄道風景コンテスト スマホ写真もOK

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介