近畿日本鉄道は23日、今年8月のラストラン(予定)をもって引退する12200系(4両編成)を青山町車庫で1時間貸し切り、自由に楽しめる体験イベント「12200系車両 Special thanks」を7月17日に開催すると発表した。

近鉄が青山町車庫で12200系の体験イベントを開催

12200系は2021年2月に定期特急列車としての運用を終了。4月に開催した臨時特急列車としての運転や撮影会も好評で、依然として多くの人から引退を惜しむ声が届いているという。「12200系車両 Special thanks」では、引退までの期間が残り少なくなった12200系との時間を自由に過ごしてもらうことをコンセプトに、募集人数を最大7組14名(1組2名まで)に限定。12200系を1組あたり1時間貸し切って使用できる。少人数で車両を貸し切るイベントは、近鉄において初の試みとなる。

1時間の使い方は参加者次第とされ、車庫線内での運転体験、車内放送や扉開閉操作などの車掌体験、車両担当社員による車両解説等を用意している。その他にも参加者の希望は可能な限り対応するとのこと。イベント参加者限定の特別な記念品も用意する。

「12200系車両 Special thanks」は7月17日の9~16時に開催され、会場の青山町車庫は青山町駅から徒歩10分。旅行代金は1名あたり12万2,000円。代金には発駅から青山町駅までの往復運賃・イベント費・記念品代・諸税が含まれ、発駅は関西地区(大阪府・京都府・奈良県内)、東海地区(愛知県・三重県内)の近鉄指定駅となる。6月25日10時から、近鉄のサイトにて申込みを受け付ける。

#鉄道車両の引退 #鉄道イベント #特急列車 #近鉄 #電車


近鉄「12200系車両 Special thanks」青山町車庫で体験イベント開催

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。