えちごトキめき鉄道とあいの風とやま鉄道は、「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」の相互乗入れを8月に実施すると発表した。

えちごトキめき鉄道「えちごトキめきリゾート雪月花」

相互乗入れは8月21・29日の2日間限定で行う。「えちごトキめきリゾート雪月花」は、「越後・越中紀行」と題し、富山県東部の魚津駅まで乗り入れる。糸魚川の老舗割烹「鶴来家」の和食三段重を味わいつつ、直江津駅から魚津駅へ向かう「たてやまコース」、富山市の名店「千里山荘」が富山と新潟の食材を取り入れて調理した食事を楽しみつつ、魚津駅から直江津駅へ向かう「ひすいコース」の2コースを運行する。

「たてやまコース」の運行時刻は直江津駅10時28分発・魚津駅13時5分着、「ひすいコース」の運行時刻は魚津駅14時33分発・直江津駅16時39分着。料金はどちらも2万2,800円。6月28日9時から、予約サイトと雪月花予約センター(電話)で申込みを受け付ける。

あいの風とやま鉄道「一万三千尺物語」

「一万三千尺物語」は、「日本海 浪漫紀行」と題し、糸魚川駅まで乗り入れる。運行時刻は往路が富山駅11時0分発・糸魚川駅12時30分着、復路が糸魚川駅14時15分発・富山駅15時58分着。往路・復路通しでの乗車となり、料金は大人1万5,000円・こども8,000円。往路では「富山湾鮨観光列車オリジナルバージョン」、復路ではスイーツを提供する。6月28日10時から、「一万三千尺物語」予約センター(電話)で予約を受け付ける。

#観光列車 #気動車 #中小私鉄 #三セク


「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。