京浜急行電鉄は、横浜市に本社を置く鉄道会社で日本の大手私鉄のひとつ。その北品川駅に最近意味深な掲示がされたことで、SNS上で話題となっている。しらべぇ取材班は、目撃者とその意図について京急から話を聞いた。

■「伝言がございます」

投稿者のTAROOさんがこの掲示を目撃したのが、今月19日の午後5時頃。「私自身も見たことがないし、他の方も同じ様子」と話す。

掲示には注意という大きな文字とともに、「多額の現金をお持ちで、息子さんやお孫さんと、北品川駅でお待ち合わせのお客さま! 伝言がございますので、駅事務室へお越しいただき、駅係員にお声掛けください」と書かれている。

関連記事:JR常磐線に車両が侵入・列車と衝突しどちらも炎上 目撃者や消防に状況を聞いた

■この掲示は北品川駅だけ

京急広報担当によると、京急のすべての駅の中でこのような掲示をしているのは北品川駅だけ。その理由について「北品川駅が詐欺の現金受け渡し場所になっているから」と話す。北品川駅では2018年から数件、駅員によって現金の受け渡しを防いだことがあるそうだ。

近くに公衆電話ボックスがあるため、「公衆電話はどこですか」と聞かれたことを発端に防いだケースがあるという。

■詐欺被害が減ってくれれば

しかし、新型コロナ感染拡大を考慮し、現在有人改札の窓を締めている。そのため、駅員が乗客の様子を観察することがなかなか難しくなっているという。そのため、今月12日から駅員自らのアイデアで、計4枚の詐欺防止掲示を行ったそうだ。

最後にTAROOさんは「良い取り組みだと思う。この掲示を通して少しでも詐欺被害が減ってくれれば」と述べた。

・合わせて読みたい→「たくさんあります」と書かれた時刻表が物議 注意喚起した東京都交通局に真相を直撃

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

#京急 #品川駅 #新型コロナ #影響


京急北品川駅の意味深な掲示が話題 新型コロナの意外な影響も

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。