JR東日本大宮支社は、東京2020オリンピック競技大会のゴルフ競技開催期間に合わせて観客の来場が予想されることから、会場最寄り駅である川越線笠幡駅に、7月29日から期間限定で臨時改札口を開設すると発表した。

八高線・川越線八王子~川越間で運転される普通列車

川越線笠幡駅の臨時改札口は駅前広場に隣接する位置に設置され、7月29日から8月1日までと8月4~7日の期間、始発から18時頃まで開設。競技が中止となる8月2・3日は開設されない。臨時改札口にはチャージ専用の券売機が2台と簡易ICカード改札機(出場専用5台・入場専用5台)の設置が予定されている。

ゴルフ競技開催期間は利用者が安全かつスムーズに乗降できるように、現行の列車停止位置を高麗川方面へ1両程度移動し、それにともない乗車位置の変更も行われる。乗車位置の変更期間は7月28日始発から8月7日終電までとされている。

#駅 #JR東日本


JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

関連記事

まるでマッサージチェア?台湾鉄道の座席が揺れすぎ—中国メディア

昭和を代表する特急・デラックスロマンカー今よみがえる 東武鉄道が「デラックスロマンスカーカラー」スペーシア運行【コラム】

JR東日本、アニメ『俺ガイル』とコラボ – スタンプラリーなど開催

JR東日本など「新幹線オフィス車両」利用者限定のサブスクサービス

近江鉄道「近江十景とれいん」沿線の歴史スポットを浮世絵風に紹介

小田急電鉄「駅スタンプラリー」ロマンスカーの図柄の9駅が対象に