JR東日本大宮支社は17日、宇都宮線小山~黒磯間と日光線宇都宮~日光間に新型車両を新造・投入すると発表した。3両編成のE131系を15編成、計45両を新造・投入し、2022年春頃から営業運転を予定している。

宇都宮線・日光線に投入される新型車両E131系のエクステリアイメージ(JR東日本大宮支社提供)

新型車両E131系は、安全・安定性向上のため各車両の客室内に車内防犯カメラを設置したほか、セキュリティ向上のため非常通報装置を1両につき4カ所に増やした。モニタリング技術を活用した車両搭載機器や線路設備の状態監視機能により、故障の予兆を把握し、事前に対処することでさらなる安全性・安定性向上も実現する。

車両側面にカメラを設置し、乗務員が運転台から乗客の乗降を確認する機能など、ワンマン運転に対応した機器も搭載。環境性能の向上も図り、エネルギー効率を高めた車両制御装置を搭載している。

車体の幅を広げ、座席幅を拡大するなど、車内の快適性も向上。一部のドア上部の案内表示画面(17インチ)に運行情報を表示し、情報提供の充実を図る。各車両に車いす・ベビーカー利用者向けのフリースペースを設け、車いす対応大型洋式トイレを採用するなど、バリアフリー化を推進した。

宇都宮線・日光線に投入される新型車両E131系の客室内イメージ(JR東日本大宮支社提供)

車両外観デザインは、日光らしいレトロ調を継承し、側面の帯には宇都宮市で復元された火焔太鼓の山車をイメージした黄色と茶色の2色を配置。世界遺産日光の社寺に施される文様にも通じる、にぎやかで高級感のあるデザインとしている。

#新型車両 #車両新造 #改造 #JR東日本 #電車


JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系 – 2022年春頃投入へ

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。