JR西日本は16日、新型コロナウイルス対策の一環として、スマートフォンアプリで電車の混雑情報をリアルタイムで知らせると発表した。大阪環状線と桜島線の一部電車で17日から始め、2022年春ごろをめどに東海道線などにも導入する。関西の鉄道会社では初の取り組みとなる。

JR西によると、同社の鉄道情報アプリ「WESTER」で情報を提供する。車両にどれだけの重さがかかっているかを量る装置で乗車率を割り出し、混雑度を7段階で車両ごとに出す。例えば最も低い1段階目なら25%以下、最も混雑している7段階目なら150%超となり、人型のアイコンで表す。同社は混雑度の目安について、4段階目(75%以上100%未満)なら「つり革につかまることができます」、6段階目(125%以上150%以下)なら「たいへん多くの方が乗っています」としている。

大阪環状線と桜島線では最新の車両323系(8両編成)が対象となる。同社は「サービスを利用できる車両や路線を増やしていく。時差通勤の普及にも期待したい」としている。同様のサービスは関東ではJR東日本などが導入済みという。【高橋昌紀】

#電車 #アプリ #混雑 #大阪


電車の混雑情報をアプリでお知らせ JR西が大阪で運用開始

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。