新国立劇場と京王電鉄は、京王新線初台駅の列車接近メロディーを6月14日から期間限定で「闘牛士の歌」の曲に変更した。

初台駅と新国立劇場

新国立劇場に直結する初台駅では、列車接近メロディーにオペラ・バレエの名曲を使用している。通常、1番ホームはバレエ「眠れる森の美女」より「ガーランド・ワルツ」、2番ホームはオペラ「アイーダ」より「凱旋行進曲」を列車接近メロディーとして流しているという。

6月14日からは、新国立劇場での「カルメン」公演(7月3~19日)に合わせ、同作品で歌われる「闘牛士の歌」を用いることとした。7月31日までの期間限定となる。

#駅 #京王電鉄


京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

関連記事

都営新宿線、全車両10両化で起きる珍しい現象とは

まるでマッサージチェア?台湾鉄道の座席が揺れすぎ—中国メディア

昭和を代表する特急・デラックスロマンカー今よみがえる 東武鉄道が「デラックスロマンスカーカラー」スペーシア運行【コラム】

JR東日本、アニメ『俺ガイル』とコラボ – スタンプラリーなど開催

JR東日本など「新幹線オフィス車両」利用者限定のサブスクサービス

近江鉄道「近江十景とれいん」沿線の歴史スポットを浮世絵風に紹介