京浜急行電鉄は15日、1000形新造車両に対して、利用者や沿線住民に親しみを持ってもらうことを目的に、6月16日から愛称を募集すると発表した。

1000形新造車両で運転される「モーニング・ウィング3号」

1000形新造車両は5月6日にデビュー。アフターコロナ時代の新しい通勤スタイルに適した快適な車内環境を提供し、平日は「モーニング・ウィング3号」やエアポート急行での運行、休日は貸切イベント列車など多機能な運用を実現する車両となる。

愛称募集に際し、「京急のイメージ」「京急線沿線のイメージ」「新造車両のイメージ」から想起される愛称とともに、愛称に込めた思いも記載して応募する。その中から最優秀賞1作品と優秀賞4作品を選考し、京急電鉄オリジナルグッズをプレゼント。最優秀賞の作品は掲出用にデザインされ、新造車両の2号車の車体側面に掲出される。

6月16日10時から7月30日まで、京急電鉄の応募サイトにて受け付ける。9月以降、京急電鉄のウェブサイトにて愛称の発表を予定している。

新造車両の側面に愛称を掲出(イメージ)

東京都への緊急事態宣言再発出により、延期となっていた1000形新造車両のデビュー記念乗車券(D型硬券4枚セットで2,000円)の発売も決定した。6月26日7時から京急川崎駅、京急鶴見駅、金沢文庫駅、逗子・葉山駅の4駅で販売される。

#車両新造 #改造 #新型車両 #京急電鉄 #電車


京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。