年季が入った木棚に、ずらりと並んだ切符。乗客が買い求めるたびに、昔ながらの改札鋏(かいさつばさみ)で駅員が切り込みを入れる。パチン——。多比良(たいら)駅(長崎県雲仙市)の小さな駅務室に、小気味よい音が響き渡る。

島原鉄道では「硬券」と呼ばれる切符が今も残る。縦2センチ、横5センチほどの厚紙に発行駅や乗車区間、金額を印刷。六つの有人駅で販売し、このうち多比良駅では各駅への乗車券や入場券など約20種類を扱っている。

かつては全国の鉄道会社で使われたが、自動改札機の普及などで徐々に姿を消した。収集のため、関東など遠方から足を運ぶ鉄道ファンもいるという。

硬券と知らずに購入し、家族で興味深そうに見入る観光客の姿も。駅員の女性(59)は「地元では当たり前だけど、旅行で来た人には珍しいんですね。味があっていいでしょ」と笑った。

#改札 #乗客 #駅員 #長崎県


駅舎に響く懐かしい音、改札鋏で切り込み入れる「硬券」今も活躍…島原鉄道

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。