函館市企業局交通部は、復元チンチン電車「箱館ハイカラ號」のプラスチックモデル(ベースキット)と専用のインレタをセットにし、6月14日から100セット限定で販売開始すると発表した。

未塗装で素組みした「箱館ハイカラ號」プラスチックモデル
駒場乗車券販売所限定パッケージ
インレタとセットで販売する

ベースキットとインレタは、「エヌ小屋」ブランドで鉄道模型キットを展開するイメージングラボ浜松(静岡県浜松市)が製造。ベースキットの金型は、函館市が保存している「箱館ハイカラ號」設計図や実車の計測データをもとに、模型の企画設計と製作を手がけるグレイスモデル(函館市)が150分の1スケールで設計した。エヌ小屋からは3月中旬に販売されている。

今回、函館市は6月10日の「路面電車の日」に合わせ、「箱館ハイカラ號」や号車を表す「39」などの文字を車体に転写できるインレタとベースキットをセットにし、1セット4,400円で販売することにした。6月14日9時から、交通部の駒場乗車券販売所で販売する。通信販売は行わない。

#子鉄 #鉄道模型 #玩具 #電車 #路面電車 #LRT


函館市電「箱館ハイカラ號」プラキットとインレタをセットで販売へ

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。