横浜東急REIホテルは6月26日、開業1周年を記念した京急電鉄とのタイアップ企画として、親子向け宿泊イベント「京急ミュージアム貸切プラン ~見て、触れて、楽しもう!~」を開催する。

「京急ミュージアム」
「マイ車両工場」の作品イメージ
宿泊する客室はスタンダードツイン

参加者はホテル近隣の「京急ミュージアム」を訪ね、スタッフの解説を交えながら京急線の「ひみつ」を学ぶ。見学に加え、京急車両デザインの「プラレール」を制作し、専用ボックスに入れて持ち帰ることができる「マイ車両工場」体験も行う。通常は入ることのできない保存車両デハ230形・デハ236号の運転台を見学することもできるという。

ホテルでは、オリジナル包装で駅弁風に仕立てた「濱箱」を特別ディナーとして提供。ビストロチャイナ「アンコール」の名物料理「アンコールよだれ鶏」や、揚げ出しスタイルにした「ハマーボー豆腐 ラスパデューラチーズ」など、「鉄道旅行気分」で楽しめるとのこと。募集人数は親子12組24名。料金は1室2名2万3,000円からとなる。

#京急電鉄 #子鉄 #鉄道博物館 #展示施設 #電車 #鉄道イベント


「京急ミュージアム貸切プラン」横浜東急REIホテルの開業1周年企画

関連記事

鉄道技術展2021 – JR西日本、GIS連携の電子線路平面図システムなど

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜山万ユーカリが丘線編ショート版〜

小田急電鉄「ミュージックロマンスカー」コーラスグループが歌唱

京成電鉄3600形の運転士席も! 電車モチーフのコワーキングスペース

鉄道技術展2021 – JR九州が単独ブース初出展、業務用アプリ等展示

鉄道技術展2021 – 日本信号「Traio 車上ユニット」DEC741形に搭載