JR東海は、新たに名古屋駅の5・6番線ホーム(東海道本線下り)に可動柵を設置すると発表した。6番線ホームは2023年7月、5番線ホームは2024年6月の使用開始をめざす。

金山駅に設置されているホーム可動柵

今回設置を決めた可動柵はドア式で、東海道本線の快速・普通電車に使用する311系・313系・315系の4・6・8両編成のドア位置にいずれも対応できるように、最大4m強の開口幅を設ける。ドアに挟まれた人や開閉の支障となる物体、ドアのこじ開けなどを検知する安全機能も備える。

#ホームドア #JR東海 #駅


JR東海、名古屋駅5・6番線ホームに可動柵 – 315系のドア位置も対応

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ