養老鉄道は7月3日にダイヤ変更を実施する。おもに21~22時台の桑名発・大垣発の一部列車について発車時刻を変更し、桑名駅における近鉄線からの乗換え、大垣駅におけるJR線からの乗換えの利便性向上を図る。

養老鉄道が7月3日にダイヤ変更を実施

桑名発の列車のうち、現行の桑名駅21時27分発、大垣行の列車を同駅21時35分発に変更。現行の桑名駅22時52分発、駒野行の列車を同駅22時57分発に変更する。

大垣発の列車のうち、現行の大垣駅21時51分発、揖斐行の列車を同駅21時53分発に変更。現行の大垣駅21時51分発、桑名行の列車を同駅21時53分発、現行の大垣駅22時12分発、揖斐行の列車を同駅22時13分発にそれぞれ変更する。

その他、一部の区間・列車で運転時刻を変更する予定。ただし、列車の運転本数・運転区間に変更はないとのこと。

#ダイヤ改正 #中小私鉄 #三セク #電車


養老鉄道7/3ダイヤ変更、桑名発・大垣発21~22時台の時刻変更など

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ