西武鉄道は10日、多摩川線で自転車を折りたたまずに車内に持ち込める「西武多摩川線サイクルトレイン」の実証実験を7月1日から3カ月間実施すると発表した。

「西武多摩川線サイクルトレイン」乗車イメージ

定期運行列車を使ったサイクルトレインは大手私鉄で初だという。普段の買い物やサイクリングなどにおける利用者の行動範囲を広げることにより、地域交通の利便性を拡充する。自動車と比べてCO2排出量の少ない電車と自転車の組み合わせで利用してもらい、SDGsの取組みとして自然環境・地球環境に配慮した移動手段の選択肢を提供する。

「西武多摩川線サイクルトレイン」は7月1日から9月30日まで、多摩川線全線(武蔵境~是政間8.0km)で実施。多磨駅では乗降できない。平日の上りは是政駅10時9分発から同駅15時45分発まで、平日の下りは武蔵境駅10時6分発から同駅15時42分発まで、土休日の上りは是政駅8時9分発から同駅17時45分発まで、土休日の下りは武蔵境駅8時6分発から同駅17時42分発までの列車が対象となる。

武蔵境駅寄りの1号車(サイクルトレインの表示のある車両)へ持込み可能。1列車あたりの持ち込める自転車の上限は8台。上限を超える場合は次の列車を利用することになる。自転車の持込み料金は無料で、持込み可能台数は1人1台まで。ただし、原動機付自転車、スタンドが付いていない自転車、長さ180cm・幅45cmを超えるサイズの自転車は持ち込むことができない。原則として中学生以上が対象であり、小学生以下は保護者同伴の場合に限り利用できる。

改札通過イメージ
車内利用イメージ

自転車の持込みにあたり、「駅構内ではスロープやエレベーターを使用して階段やエスカレーターは使用しない」「電車内では固定ベルトを使用して自身で自転車を支える」「混雑時や特定の日に終日または時間帯を定めて自転車の持ち込みを制限する場合がある」などのルール・注意事項があり、詳細は西武鉄道ウェブサイト「西武多摩川線サイクルトレインご利用案内」で確認できる。

#西武鉄道 #電車


「西武多摩川線サイクルトレイン」実証実験、7~9月の3カ月間実施

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ