札幌市交通事業振興公社は10日、路面電車M101号車について、10月31日をもって営業運用を終了すると発表した。営業終了に伴う引退関連企画を準備中で、詳細が決まり次第、ホームページ等で発表するとのこと。

札幌市電のM101号車。10月31日をもって営業運用を終え、引退する

札幌市電のM101号車(M100形)は1961(昭和36)年、ラッシュ対策として日本車両が製造。もともとはM101号車(親)とTc1号車(子)の2両連結車で、通称「親子電車」と呼ばれていた。製造から60年が経過し、還暦を迎える今年、10月31日をもって引退することに。「長きにわたりご利用いただき、誠にありがとうございました」とコメントを発表し、YouTubeにてM101号車を紹介する動画も公開している。

なお、6月10日の「路面電車の日」に合わせ、札幌市交通事業振興公社が「札幌路面電車VR」の第2弾を公開。「M101+TC-1編」にて、引退の迫るM101号車、交通資料館(現在は休館中)に保存されたTc1号車の360°VRを楽しめる。

#路面電車 #LRT #電車 #鉄道車両の引退


札幌市電「親子電車」M101号車、10/31引退へ – 関連企画を準備中

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!