障害を持つ人が鉄道やバスを使う際、障害者手帳を見せなくてもICカードをかざすだけで割引が受けられるようになります。

障害者が公共交通機関を利用する際には割引が設定されていますが、関東の多くの鉄道やバスでは毎回、障害者手帳の提示が求められています。

東京オリンピック・パラリンピックに向けて障害者の快適な移動を求める声が高まったことから、関東でICカードを導入する交通機関からなる団体は10日、障害者手帳を見せることなくICカードをかざすだけで割引を受けられるサービスを開始すると発表しました。サービスは来年度後半から開始する予定で、鉄道やバスなど69の事業者で開始するということです。(10日14:37)

#障害 #障害者 #割引 #バス


鉄道・バス ICカードで障害者割引適用へ

関連記事

鉄道技術展2021 – JR西日本、GIS連携の電子線路平面図システムなど

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜山万ユーカリが丘線編ショート版〜

小田急電鉄「ミュージックロマンスカー」コーラスグループが歌唱

京成電鉄3600形の運転士席も! 電車モチーフのコワーキングスペース

鉄道技術展2021 – JR九州が単独ブース初出展、業務用アプリ等展示

鉄道技術展2021 – 日本信号「Traio 車上ユニット」DEC741形に搭載