岡山の水島臨海鉄道につづき、千葉の京葉臨海鉄道にも新たな電気式ディーゼル機関車———。

形式DD200、800番台。水島臨海鉄道に行ったDD200は600番台の601号機。京葉臨海鉄道は800番台の801号機。

DD200-801は、製造元の川崎重工業を出場し、JR貨物 新鶴見機関区所属 EF65形電気機関車2089号機、同区所属 EF210形111などに引かれ、兵庫から山陽線・東海道線・武蔵野線・総武線などを伝って蘇我・京葉臨海鉄道 千葉貨物駅へと運ばれた。

DD200形は、ディーゼルエンジンで発電し、電動モータで駆動する、電気式ディーゼル機関車。画像↑↑↑はJR貨物保有の0番台2号機、愛知機関区所属。

国鉄時代につくられ全国各地に配置したDE10・DE11形ディーゼル機関車を置き換えるべく、2017年から川崎重工業でつくられている機関車で、搭載エンジンサイズはDE10の水冷4サイクルV型12気筒と同じ。

走行性能はDE10形相当とし、動軸数はDE10の5軸よりも1軸少ない4軸に。軸重(1軸あたりの重量)を低くおさえ、DE10形式でしか入線できない線区へも入線できる。

京葉臨海鉄道には、国鉄DD13形をベースとしたKD55形・KD60形ディーゼル機関車がいる。このDD200形の導入で、既存のディーゼル機関車の行方は……?

◆水島臨海鉄道に新型車両 DD200-601 JR貨物 DD200と同形の電気式ディーゼル機関車
https://tetsudo-ch.com/11513446.html
◆岐阜貨物ターミナル駅と新南陽駅、リードタイム短縮の先駆け
https://tetsudo-ch.com/11513504.html
◆登場から50年で生存率3%以下、消えかけるDD51形ディーゼル機関車
https://tetsudo-ch.com/11448356.html

#ディーゼル #千葉 #製造 #川崎重工業


京葉臨海鉄道にもDD200形電気式ディーゼル機関車、水島臨海鉄道の600番台につづき800番台

関連記事

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど