Kenneth Researchは調査レポート「ピリング マシン市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年06月 09日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10294089

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

ピリング マシン市場は、2022に56.6憶米ドルの市場価値から2030末までに70.7憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に4.50%のCAGRで拡大すると予測されます。

ピリング マシンは、建物または建設の基礎を作成するために地面に駆動される機器であり、特定の地域で掘削または掘削に使用することもできます。これは、建設、鉄道、リグなど、さまざまな分野で使用できます。ピリング マシン市場は、さまざまな要因により大幅に成長すると予想されます。急速な工業化と建設業界の成長は、成長の主な要因です。

建設ビジネス オーナーの 2018 年の記事では、建設の成長率は 3% であり、今後数年間で大幅な成長が見込まれます。これにより、この市場の成長がさらに促進されます。南アジア諸国での鉱業活動の増加も、ピリング マシン市場の成長をもたらしました。

ピリング マシンは鉱業で使用されるため、鉱業活動の着実な成長は、ピリング マシン産業の成長をもたらしました。この業界の最大の成長要因の 1 つは、風力タービンでのアプリケーションです。成長と発展に伴い、世界はエネルギーのより環境に優しい代替品に目を向けています。風力タービンは、指数関数的に成長しているセグメントです。このマシンの制約要因は、マシンの使用に関する専門知識の要求です。

市場セグメンテーション分析

[画像: https://prtimes.jp/i/59861/1183/resize/d59861-1183-163674-0.png”>

製品別

製品セグメントは、インパクト ハンマー、振動ドライバー、およびリグに分類されます。ピリング リグは、他のすべてのセグメントの中で最も急速に成長しているセグメントの 1 つであることが知られています。この成長は、ねじ穴あけ、ボーリング、グラウトなどのさまざまな機能を実行する能力に起因しています。

アプリケーション別

ピリング マシン市場はアプリケーションによって、建設、鉄道、土木、公益事業などの分割されます。この機械は、油圧掘削から採掘作業に至るまで、さまざまな用途に使用できます。

ピリング マシン市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどに地域によって分割されています。

アジア太平洋地域は、ピリング マシン市場で最大の市場シェアを占めると予測されます。NBM Media の Web サイトの記事によると、市場の可能性は、インドの ThyssenKrupp Bautechnik などのプレーヤーを引き付けています。これは、インドの基礎設備の需要が毎年 25 〜 30% 成長していることを示しています。サウジアラビアなど、自然界に存在する太陽光資源を広く利用する地域では、ピリング マシンの需要が高まっています。

ペルーや中国などの国々は採掘活動で知られているため、ピリング マシンの成長も見られます。北米の会社である Solimec は、ピリング マシン部門の研究開発活動においてリーダーの 1 つです。

ピリング マシン市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「ピリング マシン市場」というタイトルのレポートは、ピリング マシン市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

市場主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のピリング マシン市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。ピリング マシン市場における業界のリーダーはSpadina Piling Equipment,Casagrande S.p.a, Bermingham Foundation Solutions, RTG Rammtechnik GmbH,Watson, Inc.,BSP International Foundations, Ltd.,Kencho Kobe Co., Ltd.,BAUER-Pileco,Tescar,Sinovoなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/piling-machine-market/10294089

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

#製品 #シェア #ドライバー #トレンド


ピリング マシン市場—製品別(インパクトハンマー、振動ドライバー、リグ)、アプリケーション別(建設、鉄道、土木、公益事業)、地域別(-分析、シェア、トレンド、サイズ、予測2022-2030年

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開