JR西日本グループのJR西日本不動産開発は、山陽新幹線小倉駅高架下でリニューアル工事を進めていた「ビエラ小倉」の3階カフェ・物販ゾーンを6月30日に先行オープンすると発表した。

「ビエラ小倉」3階カフェ・物販ゾーンイメージ

「ビエラ小倉」は、2000年に「小倉ひまわり通り」として開業し、2012年のリニューアル以降、「小倉エキナカひまわりプラザ」として営業してきた商業ゾーン。今回のリニューアルにともない、九州初の「ビエラ」ブランドの商業施設に生まれ変わる。

新幹線改札前の立地を生かしたコンビニ・土産店舗に加え、調剤薬局併設のドラッグストア、ベーカリー&カフェゾーン、テイクアウトも楽しめる食物販ゾーンなど、新たなテナントが出店する予定だという。

「ビエラ小倉」新幹線改札前3階入口イメージ

3階カフェ・物販ゾーンの16店舗は6月30日に先行オープン。当日は10時20分から関係者によるテープカットを行い、11時から営業を始める。通常の営業時間は9~21時。全館開業は7月末を予定しており、1・2階と合わせて全32店舗が入居する予定となっている。

#新幹線 #駅 #JR西日本


山陽新幹線小倉駅「ビエラ小倉」カフェ・物販ゾーンが先行オープン

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題