これなら許しちゃう——。

可愛すぎる「鉄道の運休理由」がツイッターで話題となっている。

こちらはツイッターユーザーのジオラマ 食堂 diorama restaurant(@Caferest_bar_Fe)さんが2021年5月22日に投稿した写真。映っているのは、ジオラマ鉄道施設の鉄橋にぐでっと首をのせる猫ちゃんの姿だ。

ジオラマで模型を持ち込んで走らせることができる飲食店「ジオラマ 食堂 diorama restaurant」での一幕。運休していたのは、本物の列車ではなくジオラマ鉄道だったのである。猫ちゃんの名前は「サラ」、推定3歳。

このお店に保護された元野良猫で、3匹の子猫のお母さんでもある。

ずっと運休でも構わないな…

元は凶暴だったそうだが、現在は「天使」のようなサラお母さん。

このジオラマの上は、サラお母さんのお昼寝場所になっていて、この状況は毎日見られるそう。現在は新型コロナウイルスの影響で休業中の同店だが、

「営業再開時にはお客様の前でご覧頂く事ができます」

とのこと。

ジオラマ鉄道施設は全てサラお母さんと子猫たち「サラ家族」の庭になっているのだとか。

ツイートには、こんな反応が。

「だったら仕方がないにゃ。運転再開までのんびり待ってるよ〜」
「ニャジラ出現!!」
「顎乗せてて、可愛いニャ〜」

鉄橋がサラお母さんの首を置く高さにちょうどいいのか、気持ち良さそうにぐで〜っとしていて、とても癒される。

線路内猫立ち入りにより電車が動かなくても許せそうだ…。むしろ、ずっと運休していてもいいと思ってしまうほどの可愛さ。ジオラマと猫ちゃんの相性がこんなにもいいなんて、大発見だ。

(ライター:meme)

#ジオラマ #運休 #ツイッター #投稿


許さざるを得ない… ジオラマ鉄道を「運休」に追いやった「ニャジラ」が可愛すぎる

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開