しなの鉄道は長野県佐久地域振興局(長野県佐久市)と連携し、2021年秋頃から「星空ラッピングトレイン」の運行を開始する。3両1編成で、運行区間はしなの鉄道会社線全線(軽井沢駅〜妙高高原駅)、JR信越本線(篠ノ井駅〜長野駅)。

「『佐久地域の美しい星空と自然』をPRし、県内外の多くの観光客の方にお越しいただくこと」を目的としており、車両のデザインも北に浅間山、南に八ヶ岳を望む佐久地域から見える星空をイメージしたものに。

紺色のボディに映える赤から紫のグラデーションと星のきらめきを基調とし、パラボラアンテナ、浅間山・八ヶ岳の稜線で佐久地域を表現した。周辺には「国立天文台野辺山宇宙電波観測所(南牧村)」「臼田宇宙空間観測所、美笹深宇宙探査用地上局(佐久市)」など宇宙観測施設が集積しており、南牧村の野辺山高原は日本でも指折りの星空観測の名所としても知られる。

このラッピングトレインの運行に先立ち、長野県佐久地域振興局は車両の愛称、ならびに愛称に込められた理由や想いを募集している。応募期間は2021(令和3)年6月9日(水)〜6月30日(水)必着。

命名にあたってのお願いは二点。「美しい星空など佐久地域の特徴がイメージできること」「幅広い世代の方に愛され、親しみやすいこと」——その他応募詳細は長野県佐久地域振興局のプレスリリースに掲載されている。

鉄道チャンネル編集部
(画像:しなの鉄道)

#軽井沢 #信越本線 #観光客 #車両


しなの鉄道「星空ラッピングトレイン」2021年秋頃から運行 列車の愛称も募集

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました