【女子旅プレス=2021/06/08】愛媛県・松山市駅直結の新ホテル「レフ松山市駅 by ベッセルホテルズ」が、2021年12月に開業する。
「レフ(REF)」は、Regional(地域)・Experience(経験・体験)・Flexible(自由に、柔軟に)の頭文字を由来とした、地域性に特化したホテルブランド。
「レフ松山市駅 by ベッセルホテルズ」は“愛媛・松山の魅力を発信するホテル”をコンセプトに掲げ、伊予鉄「松山市駅」に直結という便利なロケーションに位置。砥部焼・伊予絣(かすり)などの工芸、みかん・キウイなどの特産物、歴史や文化などを取り入れ、地域の魅力を発信するホテルを目指す。
客室はシングルルーム、シャワーブースシングルルーム、ツインルーム、トリプルルーム、フォースルーム、スイートルームを含む全208室。ここならではの一室として、鉄道をイメージしたコンセプトルーム「伊予鉄ルーム」を開設。客室の窓からは、路面電車のレールビューが望め、鉄道の旅気分を楽しめるようなデザインを施す。
また、ホテル内に大浴場や貸し切り可能な家族風呂も併設される。(女子旅プレス/modelpress編集部)
■レフ松山市駅 by ベッセルホテルズ
所在地:愛媛県松山市湊町5丁目2番地2号
交通
・伊予鉄「松山市駅」から徒歩1分
・伊予鉄環状線「JR松山駅前」から「松山市駅」まで市内電車で11分
・「松山空港」からリムジンバスで24分
・松山自動車道「松山IC」から車で約15分
情報:ベッセルホテル開発
【Not Sponsored 記事】

#ホテル #松山市 #愛媛県 #開業


愛媛「レフ松山市駅 by ベッセルホテルズ」“鉄道旅気分”味わえる特別部屋も

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ