2012年に引退した小田急電鉄のロマンスカーRSE(20000形)を撮影するために線路内に立ち入ったとして、神奈川県警相模原南署は7日、鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)の疑いで18〜19歳の男子大学生ら3人を横浜地検相模原支部に書類送検した。

送検容疑は20年10月25日午前1時55分ごろ、移送されるRSEを撮影するために相模原市南区の小田急相模大野駅内の線路に立ち入ったとしている。いずれも容疑を認めているという。

同署によると、RSEは小田急の車両基地から4月にオープンしたロマンスカーミュージアム(海老名市)に移送する途中だった。3人は撮影を主な活動とする「撮り鉄」と呼ばれる鉄道愛好家で、RSE移送の情報を事前に入手し、フェンスをよじ登ってホームに入ったという。これまでに3人のほか17〜24歳の男性4人を相模原区検と横浜家裁に送致した。【洪玟香】

#鉄道営業法 #書類送検 #撮り鉄 #小田急線


「撮り鉄」を鉄道営業法違反容疑で書類送検 小田急線路立ち入り

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転