2012年に引退した小田急電鉄のロマンスカーRSE(20000形)を撮影するために線路内に立ち入ったとして、神奈川県警相模原南署は7日、鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)の疑いで18〜19歳の男子大学生ら3人を横浜地検相模原支部に書類送検した。

送検容疑は20年10月25日午前1時55分ごろ、移送されるRSEを撮影するために相模原市南区の小田急相模大野駅内の線路に立ち入ったとしている。いずれも容疑を認めているという。

同署によると、RSEは小田急の車両基地から4月にオープンしたロマンスカーミュージアム(海老名市)に移送する途中だった。3人は撮影を主な活動とする「撮り鉄」と呼ばれる鉄道愛好家で、RSE移送の情報を事前に入手し、フェンスをよじ登ってホームに入ったという。これまでに3人のほか17〜24歳の男性4人を相模原区検と横浜家裁に送致した。【洪玟香】

#鉄道営業法 #書類送検 #撮り鉄 #小田急線


「撮り鉄」を鉄道営業法違反容疑で書類送検 小田急線路立ち入り

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ