JR東日本は8日、台風や低気圧に伴う記録的大雨が頻繁に発生するなど、鉄道を取り巻く気象環境が厳しさを増していることを受け、新幹線の安全安定輸送を確保していくため、今後見込まれる土砂災害発生リスクに対する取組みについて発表した。

東北新幹線E5系

JR東日本の新幹線の大部分は、橋りょう・高架橋、トンネルなど降雨による災害を受けにくい設備を中心に構成されているが、気象条件の悪化で降雨の影響を受ける盛土や切取のり面が一部あるほか、線路に近接する自然斜面も存在している。今後見込まれる土砂災害発生リスクに対し、「異常気象に対応した運転規制の追加導入」「降雨防災対策の実施」といった取組みにより、改めて新幹線の安全安定輸送を確保していく。

異常気象に対応した運転規制は、気象レーダーで線路沿線の降雨量を観測し、降雨量が数十年に一度発生するような規模の雨量に達した場合に列車の運転を一時見合わせる運転規制。2020年8月から追加導入し、従来の雨量計による運転規制と合わせ、記録的もしくは局地的な大雨などに対し、より的確な運転規制を行うことを可能とした。

降雨防災対策として、新幹線区間の盛土・切取のり面および自然斜面を改めて点検し、記録的大雨などによる線路内への土砂流入や土砂流出の恐れがある約200カ所に対して、今年度から降雨防災対策工事を実施する。対策対象線区はJR東日本管内の東北・上越・北陸新幹線。2021~2023年度にかけて行われる。

#新幹線 #JR東日本 #鉄道技術 #電車


JR東日本、新幹線に対する降雨防災の取組み – 安全安定輸送を確保

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!