JR東日本高崎支社は6月26・27日の2日間、群馬県嬬恋村のキャベツを吾妻線の普通列車で輸送し、高崎駅で販売する取組みを実施する。

群馬県嬬恋村で収穫した夏キャベツを普通列車で輸送し、高崎駅で販売する取組みを実施

この取組みは、6月末まで開催される「群馬アフターデスティネーションキャンペーン with 埼玉」に合わせて企画された。嬬恋村で収穫した夏キャベツを普通列車で大前駅から高崎駅まで運び、高崎駅改札外コンコースで行われる「ぐんま駅ナカ物産展」にて販売する。

キャベツを積んだ列車は高崎駅に9時11分に到着。高崎駅改札外コンコースで10時から販売開始し、売り切れ次第、終了となる。

#JR東日本 #電車


JR東日本、嬬恋村の夏キャベツを吾妻線の普通列車で輸送する取組み

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開