中国大学統一入学試験(通称「高考」)が今月7日と8日に実施されるのに合わせて、中国の最北を走る鉄道・嫩林線は受験生専用列車K5117号「共青団号」の運行し、6日午前9時45分、内モンゴル自治区フルンボイル市の大楊樹駅では受験生425人と保護者が体温測定、健康コードのスキャンを済ませて、列車に乗りこみ、100キロ以上離れた同自治区オロチョン族自治旗阿里河鎮の試験場に向かった。中国放送網が伝えた。

中国鉄路ハルビン局集団有限公司は19年連続で「共青団号」を運行している。大楊樹鎮は、大興安嶺山脈の南麓に位置し、オロチョン族、ダフール族、エヴェンキ族などの集落がある。高考の試験場は、旗(県)の所在地に設置しなければならないため、大楊樹鎮の受験生は毎年、135キロ離れた阿里河鎮に行って試験を受けている。以前は、アクセスが不便で、受験生と保護者は、何度もバスや列車を乗り換えて試験場に向かっていた。そのため、会場に行くだけでも、一苦労だった。

2003年、ハルビン鉄路局は、大楊樹鎮に住む受験生らの試験場に行くのが困難で、多くの費用も必要という問題を解決するべく、大楊樹駅から阿里河の試験場に向かう受験生専用列車を開設した。今年で19年目になり、これまでに、受験生と保護者延べ3万4000人が利用してきた。受験生のうち、約7000人がアモイ大学、内モンゴル大学などの大学に合格した。

ここ19年、受験生専用列車を利用する学生の数の変化に伴い、鉄路局もサービスをアップデートしてきた。例えば、列車は窓を開けて換気するだけの「緑皮車」(従来の普通列車)から、空調設備完備の列車に変わり、蒸し暑い日でも、受験生は快適な旅で、試験場に向かうことができるようになっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

#中国 #受験生 #大学受験 #入学


唯一の大学受験生専用列車が今年も運行、19年で約3万人が利用—中国

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ