JR東日本の鉄道駅に出店しているコンビニ「NewDays」(ニューデイズ)で“おにスゴいおにぎり”と銘打たれた「スゴおに」シリーズが登場し話題を集めている。

その詳細を紹介する本シリーズ。今回は1日に登場したハイカロリー過ぎるストロングおにぎりを紹介したい。

■平均値を遥かに上回る熱量

コンビニで販売されているおにぎりはおそらく200カロリー前後が一般的なエネルギー量である。

しかし、今回ニューデイズに登場した「照りチキ ライスバーガー」(350円)は、一つでなんと546カロリーもあり、コンビニおにぎり界の常識を遥かに越える豪快な一品だ。カロリーは美味さの指標とはいったものだが…すげぇ。

関連記事:指原莉乃も「美味しい」と絶賛 セブンイレブンの味噌大葉おにぎりが話題に

■ずっしり重いおにぎり

まず手に持つとずっしり重い。具材を挟み込んだご飯がそもそも量が多く、さらには挟まれたチキンも大きい。

チキンはおにぎりからはみ出ているほどで、香ばしいてりやきテイスト。ご飯には醤油がシミシミしており、間にはごぼうサラダも挟みこまれている。すごい豪華。

■タレ染み込んだチキンが…

実際の味はというと、メイン具材・チキンのプリプリ加減と、醤油テイストのタレが非常にマッチしている。

チキンは適度な歯ごたえさえあるものの柔らかく、いい感じに味が染み込んでいる。気になる米の量も非常に多く、このおにぎり一つでてりやき「チキン定食」を食べている感覚になる。

■侮れないスゴおにシリーズ

「スゴおに」は、ボリュームや具材の種類など、これまでのコンビニおにぎりのトレンドを完全無視したニューデイズオリジナルの商品シリーズ。店外ポスターには「常識を超えたスゴいおにぎり」と紹介されており、良い意味で「非常識」にとがっているおにぎりが目白押しになっている。

他に、のり弁をそのまま握った風の「のり弁にぎりました」、おにぎりを生ハムで巻くというありそうでなかったおしゃれおにぎり「生ハム(チーズ&ビネガー) 」(ともに300円)など。どれも個性的で破壊力十分である。

・合わせて読みたい→夢とロマンがつまった漫画のような巨大おにぎり 4つの具材が大集合していた

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

#おにぎり #コンビニ #カロリー #JR東日本


JRの駅コンビニが出す「おにスゴいおにぎり」 その驚異的なカロリーにあ然

関連記事

鉄道技術展2021 – JR西日本、GIS連携の電子線路平面図システムなど

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜山万ユーカリが丘線編ショート版〜

小田急電鉄「ミュージックロマンスカー」コーラスグループが歌唱

京成電鉄3600形の運転士席も! 電車モチーフのコワーキングスペース

鉄道技術展2021 – JR九州が単独ブース初出展、業務用アプリ等展示

鉄道技術展2021 – 日本信号「Traio 車上ユニット」DEC741形に搭載