雑貨・キャラクター販売を手がけるメジャーは、蒸気機関車の先頭部をモチーフにした「D51形蒸気機関車498号懐中時計」を完全受注生産で販売する。

「D51形蒸気機関車498号懐中時計」表面と裏面

「D51形蒸気機関車498号懐中時計」は、懐中時計としては珍しい横開き仕様。D51形498号機を正面からのフォルムで半立体的に表現した。素材はアンティークシルバーの合金を使用する。

文字盤は蒸気機関車をイメージした黒をベースに、シルバーで車輪を表現。数字部分と「D51 498」の形式番号をゴールドで立体的に表現した。黒につや消しゴールドで蒸気機関車を印刷した専用ボックスと、シリアルナンバー入りのプレートが付く。

専用ケースに収めたイメージ
D51形の前面イラストを印刷した専用ケース

本体は高さ5.5cm×幅6.3vm×厚さ1.7cm、文字盤は直径3.7cm。チェーン長さは約37cm。本体はアロイ合金、風防はアクリル。日本製のムーブメントを使用している。価格は1万3,200円。メジャーオンラインストアで予約を受け付ける。

#蒸気機関車 #子鉄 #JR東日本 #鉄道グッズ


蒸気機関車D51形498号機の懐中時計を発売、先頭部を半立体的に表現

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ