タカラトミーは、JR東海の新型車両をモデルにした「プラレール」新商品「S-17 レールで速度チェンジ!! 超電導リニアL0系改良型試験車」「S-20 HC85系 特急ひだ・南紀」を7月15日に発売すると発表した。

プラレール「S-17 レールで速度チェンジ!! 超電導リニアL0系改良型試験車」
プラレール「S-20 HC85系 特急ひだ・南紀」

L0系改良型試験車をモデルにしたプラレール「S-17 レールで速度チェンジ!! 超電導リニアL0系改良型試験車」は、3両編成で価格3,080円。車両が浮上しているイメージを半透明の車輪で表現している。付属の「スピードかえレール」をコースに組み込むことで、好きな場所でスピードの変化を楽しめる。

プラレール「S-20 HC85系 特急ひだ・南紀」は、3両編成で価格2,200円。モデルとなったHC85系は、営業運転最高速度120km/hの実現をめざし、開発されたハイブリッド方式の車両で、2022年から特急「ひだ」「南紀」に使用する予定とされている。

#JR東海 #新型車両 #超電導リニア #子鉄 #鉄道模型 #玩具


JR東海のL0系改良型試験車&HC85系が「プラレール」に – 7/15発売

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題