JR西日本は3日、おもに木次線で運行されるトロッコ列車「奥出雲おろち号」に関する今後の運行計画を発表した。2022・2023年度は4月から土日祝日を中心に運行を計画しており、2023年度を最後に運行終了となる。

トロッコ列車「奥出雲おろち号」

トロッコ列車「奥出雲おろち号」は2022年度、4月から土日祝日を中心に運行を計画しており、臨時列車として運行されるため、詳細な運転日については随時案内される予定。運行は今年度と同程度の日数(約130日)を計画しているが、今後の社会情勢や車両の状況などにより、計画を変更する場合があるとのこと。

2023年度も4月から土日祝日を中心に運転を計画している。ただし、トロッコ列車に使用している現行車両が製造から約50年経過し、老朽化が進んでいるため、「奥出雲おろち号」は2023年度を最後に運行を終了することとなった。

「奥出雲おろち号」は島根県横田町(現・奥出雲町)からの運行要請を受け、1998(平成10)年4月に運行開始。木次線木次~備後落合間をはじめ、山陰本線の出雲市駅へ乗り入れる片道延長運転も実施しており、2018年4月に運行20周年を迎えた。年間運転日数は4~11月に約150日(2021年度より約130日)。定員は64名。年間約1万4,000人が利用している。

#JR西日本 #観光列車 #機関車 #客車


JR西日本「奥出雲おろち号」2023年度で運行終了、現行車両が老朽化

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題