JR西日本は2日、大阪環状線60周年を記念し、オリジナルデザインのロゴマークなどを装飾した列車の運行と、大阪環状線の歴史をひもとく駅構内展示を6月11日から実施すると発表した。

323系の前面ガラス部に掲出する装飾デザイン
323系の前面上部に掲出する装飾デザイン

JR西日本では、大阪環状線の開業60周年を契機に、地域住民とも連携しつつ大阪環状線の歴史や大阪のまちの魅力を発信し、より多くの人に笑顔になってもらう取組みを展開している。その一環で装飾列車の運行と駅構内展示が実施される。

装飾列車は大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)を運行する323系2編成を使用。オリジナルデザインのロゴマークなど装飾し、6月11日から12月下旬まで運行する。

323系への掲出イメージ

駅構内展示は大阪環状線の主要駅(大阪駅、京橋駅、鶴橋駅、天王寺駅、新今宮駅、西九条駅など)で実施し、大阪環状線の歴史を振り返るポスターを6月11日から12月下旬まで掲出する。ポスターでは大阪環状線の開業の歩み、大阪環状線を走行する歴代車両が紹介される。その他、今回の企画を紹介する特設Wウェブサイトを「JRおでかけネット」に6月下旬から12月下旬まで開設。大阪環状線の歴史や関連企画など閲覧できる。

#JR西日本 #電車


JR西日本323系、大阪環状線60周年記念のロゴマーク装飾 – 6/11から

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始