警視庁が、鉄道事業者と連携し、電車内での痴漢撲滅キャンペーンを始めました。

「おはようございます。痴漢撲滅キャンペーンを行っております」(駅員)

都内の電車内での痴漢の検挙数はおととしはおよそ670件で、新型コロナウイルスの感染拡大で人出が減った去年はおよそ250件でした。例年、薄着になる6月ごろから痴漢が増える傾向にあるということです。

「痴漢にあったときは、このアプリを起動させると助けを求めることができます」(記者)

警視庁は、痴漢にあった際には防犯アプリ「Digi Police」の画面を見せ、周囲に助けを求めるよう呼びかけました。重成生活安全総務課長は「助けを求められたら見て見ぬふりをせずに被害者に声をかけてほしい」としています。(01日21:35)

#痴漢 #電車 #キャンペーン #警視庁


“見て見ぬふりなくせ”電車内の痴漢撲滅キャンペーン

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ