京阪電気鉄道は1日、京阪本線・中之島線を走行する車両5000系について、列車運用の見直しにともない、運転終了時期を2021年6月から2021年9月頃に延期すると発表した。13000系(5次車)の導入完了時期も同時期に変更となる。

京阪電気鉄道の車両5000系(2017年撮影)

5000系はラッシュ時に5扉すべて使用することで乗降をスムーズにし、それ以外の時間帯には5扉中2扉を締め切り、扉上部に格納していた座席を下降させ、座席数を増やすことができる車両として、1970(昭和45)年12月に運転開始。5扉での営業運転は2021年1月29日をもって終了している。

5月16・29日に予定していた引退記念イベント「5000系ありがとう寝屋川車庫洗車体験会」は、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑み中止となったが、5000系の運転終了時期が延期されたことから、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況を見つつ、実施の可否を検討していくとのこと。詳細は決まり次第、ホームページにて告知される。

#鉄道車両の引退 #鉄道イベント #京阪電気鉄道 #電車


京阪電気鉄道5000系、運転終了を9月に延期 – 記念イベント見直しも

関連記事

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認